はじめに

あのく祭ついて(あのく祭の概要・歴史等の紹介)

久留米大学の秋を彩る学園祭。
御井・旭町両キャンパス行われる「あのく祭」は、今年度で、52回目を迎えます。

「あのくさい」とは、久留米地区の方言で、「ちょっと、ちょっと」「あのね」という意味です。なんだか親しみやすいですね。
そんなあのく祭は、たくさんの見どころがあります。毎年、豪華なア-ティストにお越しいただいる芸能人ライブ、無料で人気芸人が見ることが出来るお笑い芸人ライブ、素敵な商品が当たる大抽選会、地域の子たちと交流を深めるニコニコランドといった様々なイベントが開催されています。また最終日には、夜空にきれいな花火が打ちあがりあのく祭を彩ります。
毎年10月下旬から11月上旬にかけて行われます。ぜひお越しください。

最高機関(あのく祭執行委員会)

あのく祭執行委員会

最高機関
(あのく祭執行委員会)
全8企画や各サークルの中心となって学園祭を運営するのが、久留米大学 学友会 あのく祭執行委員会です。
三役 委員長 全体を把握し、会議や様々な行事においてスムーズに進行できるように指揮をする。
会計 あのく祭に関わるすべてのお金の管理。
議長 年1回以上のあのく総会、週1回の全8企画との責任者会議での司会・進行。また、備品管理や警備リーダーも務める。
幹部 副委員長 委員長補佐。委員長の不在時は委員長代理となる。
副議長 議長補佐。議長の不在時は議長代理となる。後夜祭の責任者も兼ねる。
企画部長 花火の打ち上げなども含む、あのく祭に関する企画やタイムテーブルの作成・管理・統括を行う。
広報部長 フリーペーパー等によるあのく祭の告知、協賛して頂ける企業を探し、協賛企業をあのく祭で宣伝する。
渉外 他大学を含む、学外全ての連絡担当。パンフ・ポスター制作を兼ねる。
渉内 あのく祭スタッフの名簿等の書類の作成や学校とサークル間の連絡を務める。
書記 毎週行われる各企画の責任者と会議に出席し、記録を取る。
イベント あのっく典 学祭当日に本部テントにて、あのく祭に関するクイズの出題を担当。回答者には、景品の贈呈有。
模擬店
グランプリ
(M‐1)
学祭に出店される各模擬店に順位を付け、表彰を担当。

イベント企画

前夜祭 全3日間行われるあのく祭の前夜祭を担当します。カラオケ大会や毎年異なったイベントを催し、会場を盛り上げます。お笑い芸人が見られるのも、この前夜祭です。
第一企画 あのく祭最大の盛り上がりを見せる、久留米大学NO.1の女性を決めるミスコンテスト。昨年は「ストライカー決定戦」を基にして、一昨年は童話を基にして行われた自由企画。そして、今までに数多くの芸能にお越しいただいている芸能人ライブ。去年は、若旦那などの有名アーティストにお越しいただきました。
第二企画 ファッションショーダンスコンテストの二つのイベントを担当してます。去年のファッションショーは、カレンダーをテーマにした衣装でモデルさんが登場するショーを行いました。ダンスコンテストでは、様々なゲストに登場してダンスを披露していただきました。
第三企画 各サークルの部長さんに色々なゲームをしてもらい、一番面白い人を決める部長コンテスト。久留米大で、一番イケてる男を決めるスターコンテストの二つを担当しています。
地域交流 にこにこランドの名称で、久留米地区の子供からお年寄りと幅広い年齢の方々と交流を深めていけるように様々なイベントを行っています。スライムやバルンアートを作る科学工作や縁日、ドッチボール、ダンボールトンネルなどのイベントを行っています。また好評につき、引き続き今年度もお化け屋敷を開催します。
音響・照明 学祭中に機具を使い場内アナウンスや音楽を流して学園祭を盛り上げています。また、野外ステージでは、旅行や携帯タブレットがもらえちゃう大抽選会、毎年、参加希望者が多すぎて抽選にて出場者を厳選するほどの熱狂ぶりを見せるマジカラオケを担当しています。
バザー 一般の方も参加することの出来るフリーマーケットの主催。あのく祭中に出店される50近くの模擬店の管理、テントの設置を担当しています。また、野外ステージでのイベントも担当しています。
第一情宣 毎年、あのく祭のステージを飾る看板の作成や、並木道を彩るたくさんの看板を作成しています。また、情報宣伝活動として活動ビラ配りやテレビ出演をしています。野外ステージでは、サークル対抗で行われる仮装みこしも担当しています。

pagetop